スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
移転しました
http://madrabby.tk
すべての記事をまとめました。
良かったらどうぞ
シニフィアンとシニフィエ
耐えきれなくなって口の端からこぼれた言葉を、やさしくすくってあげられる人になりたかった。うずくまって泣いているだけで、そんな風になれると思っていたの。本当は私にもそんな才能があって、今はほんの少し眠っているだけなんだって。いつか誰かが揺り起こしてくれて、自分のやさしさに触れるだろうって。そんな風に今に甘えて、うずくまったまま歳だけを重ねた。簡単に、呆気なく、いつの間にか、当たり前に、大人になってしまった。こんなはずじゃなかったんだよ。ねぇ。君の口からこぼれてる言葉を、ただ見てるで、きらきらと光って、フローリングで弾ける言葉を、私はただ見てるだけ。


フローリングが冷たいなんてこと、別に知りたくなかった。けど、また私は馬鹿みたいに座り込んで、膝を抱えてうずくまって、煙みたいに立ち昇る感情で、どんどんなんにも見えなくなる。自分。じぶん。じぶん。やさしいじぶん。蜃気楼が私の前に現れては、触れることなく消えていく。本当は、泣きながら走っていったあの子のこと、追いかけなきゃいけないの知ってたんじゃないの。どうだろう。もくもくと充満する真っ黒な煙で、見えないよ。自分も、それ以外も、もうなんにも、見えない。


たぶん、きっと、もしかしたら、私だけがこんなふうに情けないんじゃないんだ。だれもかれもきっと、たぶん、情けない。だからいいじゃん。私も、情けなくって。私だけが悪いんじゃないんだよ。たぶん。きっと。ふわふわと、みんながみんなわるい。わるい。だからいいじゃん。なにが。なんでも。なんでもいいじゃん。たぶん。もしかしたら、私だけが悪いのかもしれないけど、私だけが情けなくて、やさしさを育むことを忘れてしまって、いつまでもバリアをはっているの、かも。しれないけど。わたしは、わるい。のかな。きっと。たぶん。ねぇ、


矛盾が私の中で反復して、どんどん大きくなって、ハウリング。甲高い。ぎちぎちになった私の中身が悲鳴をあげてるみたいで、ギターみたいで、慟哭みたいで、こわれてるみたいで、赤ん坊みたいで、つらくて、ぎゅっと自分を抱きしめて、どんなに耳をふさいでもうるさくて、うるさくて、やさしくなりたくて、なれなくて、きらいで、すきで、きらいで、きらいで、でもここにいたいって、いたいって、ここに、あの子の左側に、いたい。


こぼれて、おちて、はじけた気持ちに、手を伸ばす。伸ばして、やさしく。やさしく。口からこぼれる。ぎちぎちになった私の中身が。ぼたり。ぼたり。ぼた。り。

いちにちのおわり
この町には看板や標識が多過ぎて、処理しきれない情報量に忙しくなっちゃって、大事なものを見落としてきた気がします。おまけにティッシュ配りは私に手を伸ばすから、もう頭の中は歩を進めることが精一杯で、風のせせらぎも届かくて、紅葉する山の景色を眺めるのも忘れて。ヘッドフォンをしてお気に入りの音楽を楽しむのも素敵なのかもしれないけど、今は五感でめいいっぱいこの町を感じたかった。「こんにちは。」って挨拶をして、爽やかな気持ちで目的もなく歩きたかった。


学生の頃、ライブハウスで隣にレースをあしらった可愛い服を着た女の人が、退屈そうに俯いて立っていたのを見ました。その仕草がお人形さんみたいで見とれていたら、いつの間にかライブが終わっていて、耳の中に音楽は残らないまま。後日、そのお姉さんとmixiで知り合って同じ学校の先輩だと知りました。いくつかメッセージのやり取りをして、その後に学校のラウンジで改めて顔を合わせたら、はにかみながら挨拶をしてくれて、そのぜんぶの仕草がやっぱり、とても、きれいで、触れてはいけないものに触れてしまった気がして、壊してしまいそうな気がして、私は困って笑った。その空間は刹那的で、そして永劫に続くガラスの部屋。


中央線の快速を見送って、次の鈍行に乗った。中野から新宿までの短い間にどんどん気持ちが冷たくなっていくのを感じた。私は新宿が好きです。朝方になると少し嫌な臭いがするのだけれど、いろんな人が忙しそうに行き交うのを見ると、なぜか私も進める気になれるから。たとえばあの女の子は上京してきて、今はナンバーワンのキャバ嬢なんだって。あんまり仲良くないからFacebookで知ったんだけどね。みんな上京して同じような面子で集まって遊んでる。遊ぶ場所が変わっただけで、やることも、何も変わってない。ねぇ、街灯に集まる虫と、私と、みんなも、何が違うのかな。大人になるっていうのがそういうことなら、別になりたくなかったかな、なんて。


43℃くらいかな。湯船の中で今日あったことをひとつひとつ思い出しながら、ぼーっとするの。毛先が湯船のに漂って、ぽちゃりぽたりと、水の垂れる音がする。子どもの頃はあんまり長い時間浸かってられなかったんだけど、最近は気付けば1時間以上浸かってることもあるかな。なにをしてるわけではないんだけど。そういう時間。

お風呂に入ると眠くなります。1日が終わりを感じて、スイッチが完全にoffになっていて、もうなんにする気がしません。だから、もう寝るね。もう会うこともないと思うけど、一応、またね、って挨拶をしましょう。うん。じゃあ、またね。おやすみなさい。

砂の城
白い砂浜

波打ち際の砂城が浚われていく

淀みない水面が

僕をじっと見つめて

心根を見透かしたような表情で嗤った、気がした

心がむせび喘いで

抉り取られて

形を失っていく

身体を両の腕でぎゅっと抱き締めて

存在を確かめた

俯いて

ただ崩れた砂城を眺め

手を伸ばして触れれば

湿った砂が掌に張り付く

指の隙間から落ちていった粒は

もうそこには居ない

ただ口惜しくて

どこからともなく流れた涙が、また砂浜を汚す

心地良い世界との

明確な境界線が未だ見えなくて

波打ち際で立ち尽くした

水平線の向こう側で

太陽が紅く沈んでいたのか

昇っていたのか

知らないままで

なにも、

知らないままで

43℃
浴槽の中で蛇口から垂れる水滴の音を数えていると、視界を覆う蒸気の向こう側から、肌色の宇宙人が私に話しかける。

「指先がふやけてきたよ」宇宙人は赤子を扱うかのように、丁寧で、やさしく、私に話しかける。朧気な肌色の向こう側から、私に話しかける。

宇宙人は4本しかない指で、曇った鏡に小学生4年生のような絵を描いた。デフォルメされた可愛らしいユーフォーが、お花畑に浮かんでいる。

「鏡はつめたい」宇宙人は赤子を扱うかのように、私を小馬鹿にするかのように、そう言って笑う。

私はただ浴槽の中で、蒸気の向こう側を静かに見つめた。朧気な肌色の、宇宙人の、そのまた向こう側まで見つめる。一定の感覚で垂れていた水滴のリズムが、だんだんと遅くなっていった。?


宇宙人は指先を光らせて「ほら」と言いながら、蒸気の向こう側から指を一本こちらに向けた。たしかに指先はふやけていたのだけど、それよりも妙にひょろ長い指が単に気持ち悪くて、あまり近付けて欲しくなかったので、私は浴槽の水をぴしゃっと手で払うように、宇宙人の指先にかける。

するとホタルのようにやさしくじんわりと光っていた指先は、ジュッと熱の冷めていく音とともに、発光を終える。今、この蒸気の向こう側で、宇宙人はどんな顔をしているんだろう。

きっと人間くさい、寂しげな顔をしているんだろう。何故かそう思った。そうに違いないと思った。どうでもいいんだけど。


私は、浴槽のお湯をペロッと舐めた。なんだかクラクラした。現実味がしなかったから。

私を。

宇宙人はやさしく、赤子の手を捻るように言った。

「ずっとここで暮らそう。君のことを好きなひとは僕以外、みんな死んでしまったのだから」

湯気の向こう側で、宇宙人のシルエットがやさしく笑ったように見えた。

宇宙人はふやけた指先で、私の頬を撫でた。ひんやりと冷たかった。

ポタリと、浴槽に張った43℃に、私の37℃は、21gを残して、溶けていった。

透らずとも果敢なく
街路樹の下で猫が静かにくたばった。その横でCHANELの5番の香りを漂わせる眩しい女が、世界の終わりを見つけたかのように艶めかしく笑う。日陰の中でもぞもぞと這い蹲る罪悪感は、女の足元から首筋へと伸びていき、染みになって女の一部に変わっていった。感情のアンサンブルは影を作って、猫はその中でひっそりと鳴く。あの日の、きれいな声で鳴くんだね、って喉を撫でる記憶は何処か深い所へ沈殿していき、光の届かない場所で埋もれるだけだ。女は真っ白なシャツを隠すように真っ黒なジャケットを羽織り、苦虫を飼い慣らしたような顔で俯いて、スクランブル交差点へと歩を進め、紛れて消えた。境界線を引いて、その向こうで、女は上手く笑うのだろうか。


そんなことを考えて、俺はその見慣れた街の喧騒を眺めていた。街路樹の下で死んだままの猫も、睨むように俺を見つめている気がして、俺は目一杯の善意を振り絞って猫に近づく。


「なぁ、死ぬってのはどんな気分だ? 」
一言、猫にそう語りかけても、猫は俺がいた場所を睨みつけたまま、街路樹の下でしゃがみこむ俺を一瞥もしない。撫でようと手を伸ばしたところで、止めた。俺はきたなったらしく伸びた爪で、猫の隣に浅い穴を掘り、猫だったそれを足蹴にして落とす。ぱすっ、と軽い音がした。どうしようもなく、もうそこに命は無かった。酷く酷く惨めな気持ちが増していく。とっくに満ち足りていたコップから溢れて、ボタボタと溢れていく。目頭が熱くなっていくのを感じて、大嫌いな空を仰いだ。曇ったこの空の向こうに何かあるって云うなら、俺は絶対にそこには逝けないだろう。そんな気がした。じゃあ、猫はどこにいったんだろうな。俺にもいけるとこだったらいいな。なんとなく、そう思う。
辛うじて滲んだ変化は、暗転した心の中に拡がって、消えていく。街路樹の下で、静かに涙を溢す。そのまま落下したそれは、猫の毛並みを撫でていき、涙は土にへと溶けていった。
冷めたスープ
冷めたスープを口に入れる。喉の奥に当たった所で不味いことが分かった。もう二度と食べないと思った。

冷めたスープを口に当てる。不味いことが分かった。もう二度と食べないと決めた。

冷めたスープが私の前に置かれた。不味いことを知っていた。けれど食べなければいけなかった。

冷めたスープを思い出す。温かい食事をしていたかった。幸福でありたかった。振り返ると、キッチンには空の鍋があって、使い切られた缶詰が捨てられていた。

冷めたスープも、冷める前は温かったの、と私は笑った。

冷めたスープは不味かった。
火を付けると、鍋はジリジリと焦げていった。
冷めたスープを温める。
もうスープはない。
私にはもう冷めるスープがなかった。
どこにもなかった。
5021g
観客の居ない音楽会で、管楽器の音の波間に死体を埋めた。演奏中に指揮者の目を盗んで行った矮小な葬式では、CLASSICに或れない誰かの孤独が燃やされる。真っ青な光を灯して、散り散りに灰に変わって往く森羅万象が、其の熱量はもう此処には亡い事を知らせる。私たちの幼気な僅かな夢を乗せた気球が虚しくも萎んでいく様が、心に引いた防衛線を飛び越えて、感情の渦に罅を揺蕩わせた。
延々と鍵盤の上を這う五本指はどうにも冷たくて、黒鍵に触れた指先が奏でる単三和音が、自殺因子を活性化させる。きっと何かを殺す度に、私は自分を殺してきた。奏する事でしか解れない不器用で、日々肥大化する不気味な感情を必死に抱えなければ、私たちは。最早、生きて、いけなかった。大凡、何処にも。そして、何者にも。だが、奇しくも此れが、背中合わせの後ろ向きの自分に聴かせてやる為の音楽を、必死に探しているようにも見えて、私は自嘲気味に笑う事しか出来なくて、口惜しくて、口惜しくて、殺して欲しかったんだ。

歪んだ街路樹の枯木に自己投影して、私たちはまた何か解った気になって、饒舌に孤独を語る。透けて見える承認欲に吐き気を催しながら、愛の無い愛想笑いを繰り返す。世間と自分のズレなど無い癖に、自己愛。変わり者のふりをして、必死に他者との差別化を計って、上辺だけの個性を身に纏う。得意気に笑う特異気の無い私。人混みに溺れない理由を探す。理屈付ける。有りもしない答に結び付ける。無理矢理。
感情を丁寧に包装しなければ、自分など醜くて許せそうにないから。人様に魅せれる物など私には何も無いから。可哀想な自分を演出し続ければ、誰かと向き合う事から逃げても許されるようで、孤独と云う免罪符を持てば、目線の低さが露呈せずに済んだ。其れしか知らなかった。不明瞭な世間で。高層ビル群を見上げて、掌を太陽に透かしてみたけど、其処に、血潮は流れていないような。冷たい指先がまた、マイナーコードに触れる。ちっぽけな孤独は、消化不良のまま外へ排出されていった。

確実に、私はワタシの此の全てを誰かに許して欲しい。心の平穏を求めて、自分に都合の良い情報だけを掻き集める。ただ明日が怖くて、曇った窓硝子を祈る様に必死に拭く。少しでも明瞭な世界が見たくて必死に。怖い。時計の針が私を指す度に、どうしようもなく怖い。
生きるだけで精一杯なのに、また其れ以上を求めて、藻掻く程に沈んでいく泥沼の中で、空に太陽が昇って往くのを見た。もう此処には日々光も差すこと止め、影は形を失い闇に溶けて往く。其れが唯一の世間との薄い繋がりで、自己の形が記憶からボトボトと落ちていき、寂しさと自尊心だけが私の中に残る。この世界の全てを愛しみ、嫌悪し、天秤が揺れる。だが、いくら考えたところでどちらかに傾ける筈も無く、中途半端な自己で二つを内包した。
きっと遠い何処かでまた、終われない音楽会が開かれる。溢れた孤独は五線譜の海に流され、遠い何処かで、また音楽に変わる。掃き溜めにも見える最果ての、こちら側で。
e.g.
本質的に俺は孤独だ、と彼は言った。その言葉が癪に障った私は「あっそ。」と興味の無いふりをして、携帯を開いた。今思えば大人気ない対応をしてしまったと思うけど、正直そんなカッコつけた彼の態度には付き合い切れなかった。私はTwitterに愚痴を呟いてから、「それで、これからどうするの?」と出来る限り冷たく言い放つ。彼は「別に、なにも変われないよ。」と呟いて、俯いた。
視線の先には穴だらけの敷布団があって、その穴たちは向こう側から彼を見つめているように見えた。彼は、彼と私の関係に、何かしらの正解を求めている。そうすれば、俺はお前にとって何者かになれるんじゃないかって、意味のわからない理屈に縛られていた。きっと、退屈な毎日から逃げ出したい気持ちと、細やかな幸せの狭間で溺れている。大人になれなかった心が、そうやって体から置いてきぼりになった。


遠い記憶。
畦道で、私は彼の背中を追いかけて、走っていた。彼は何の気無しにどんどんと進んで行ってしまうから、私は追いかけることに精一杯だった。そうやって、違う歩幅でも同じ道を歩いていた頃。そういうものだと思っていた。当たり前に世界は、当たり前に廻っていくと、そう思っていた。
時間は、まるで生き物のように私の前を這っていく。でも決して休む事なく、ただ前へ。前へ。彼が岩に腰掛けて煙草を吹かしている間も、後進しても、時間は変わることなく前へ。彼と、私とは違う歩幅で。
いつ頃だろう。遠い記憶。私はいつの間にか必死に時間を追いかけていた。いつだって傷だらけの彼を置いて、私は誰の傷も、私の傷も、厭わずに追いかけていた。虫のように蠢く時間を。前へ。前へ。
正しい道を歩いた。私は。ひたすらにその正しさを、当たり前と呼ぶ。それは、彼とは違う道だったのかもしれない。前にも後ろにも、彼はもう見えないけど。
それでよかった。そう思わなければ、歩むことをやめてしまいそうだったから。遠い記憶。


「ねぇ、もし今のまま過去に戻れたら、また同じ生き方をする? 」 彼は視線を私に戻して、私をじっと見つめてそう聞いた。
「やり直したい過去ならいっぱいあるよ。」
「みんなそうだろうね。でも、過去に戻れても違う生き方をする勇気がある?意図的に違う選択肢を選べる?俺は正直出来ないかもしれない。出会うはずだった人に出会えないかもしれない、より最悪な結果を招くかもしれない、俺は俺じゃなくなるかもしれない。」
彼がこぼした言葉は、ポツリポツリと穴に吸い込まれていくようだ。
「そもそも過去になんて戻りたくない。怖い。何も分かち合えない事は、きっと何よりも孤独で、きっと今よりもずっと一人ぼっちだ。どんなにお気に入りの場面でも、同じ映像を何度も巻き戻して見させられたら、俺は世界が嫌いになりそうだ。」
彼は涙ぐんで、自分の手を真っ赤になるほど強く握っていた。なにをそこまで必死になるのか、その感覚こそ、私は分かち合えない。
彼は遠い目をして言う。
「本質的に、俺は孤独なんだよ。」

その草臥れたお決まりの台詞は、私とは違う場所で聞こえたようで、その寂しさを私は道中に置いて、前へ進んだ。

「サヨナラ。」
ネット詩人
私が小学五年生のころ、Windows98のメモ帳に書いた小説もどきを紛失してしまった事が、今になって悔やまれる。誰にも見せることがなかった処女作。やっと年齢が二桁になったばかりの、その拙い文章に私の初期衝動が詰められていた。
記憶を辿る限りでは、とても暗く、陳腐で少しだが救いのある、題名のない小説。PCの変換機能を駆使して使われた読めない漢字や、必死に辞書で調べ背伸びして使った単語。何も知らない無垢な少年の、汚れない小説だった。

それは確かな始まりであった。
今この瞬間まで繋がれている詩との触れ合い。
はぢまり で あった 。

それから中学生になり、いつの間にか書くものは小説から歌詞に変わっていた。作曲が出来るわけでもないが、自分の好きな音楽に近付きたい。そんな理由で歌詞を書いた。その頃にはインターネットに深くハマっていて、画面の向こうの仲間たちと歌詞を見せあって、あのバンドの歌詞に似てるね、なんてほめ言葉になれない言葉を渡し合って、笑っていた。
ブログを開設し、如何にも中学生の考えた痛々しいタイトルを掲げて、自己満足に浸る。ネットの仲間達と馴れ合って、薄っぺらい感想をコメントで残して、残されて、あの頃の私は楽しかった。ただ、楽しかった。それだけの間違いだらけの正しい文章を、交換していた。
その回線が友情。私にとって文章は

わたし に とって ぶんしょう は ?

自問、自答。
毎日毎日馬鹿みたいに量産したその何者にもなれなかった言葉たちは自分への戒めに近い意味を持つ。
2007年〜09年までに書かれたその言葉たちは、借り物のハリボテのようで、私にとってそれだけの意味しか持てなかった。
だが、確かにその言葉たちが今への肥やしとなっているのも事実だ。無駄とも思える何百もの残骸が、今へとタスキを渡してくれた。

現代詩フォーラムや文学極道やポエム板に詩を貼り付けて、無駄を探して、無駄を探して、自己を探した。いや。正確には探している。実験を続けている。私にとってネットはラボだ。地下の冷たい研究室だ。
二度と読むことの出来ない初期衝動を踏み潰すように、書き続ける。ふたつめ。身を切り売りする冷たい衝動。それは体温を奪っていき、私を動かし続ける。

ネット詩人。そんな肩書きを掲げて、誰かにとって、私は、私にとって、誰かは、何者かになれたのだろうか。
私は詩という手段で。
1/46 >>